スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【映画】インビクタスー負けざる者たちー



あらすじ:1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。
いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。
1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)は、一致団結して前進する。
シネマトゥデイより引用。

目黒シネマの10:00からの回を観賞。ゴールデンウィークだからか、凄く混んでたなあ。
2009年ベスト映画の呼び声高い「グラン・トリノ」のイーストウッド最新作ってことで、
まあまあ期待。

ネルソン・マンデラの予備知識としては、
「確か、捕まってたのに釈放されて大統領になった黒人だよね?」ってくらいしか知らなくて、
まあ、伝記物っぽいから、この映画でお勉強しようなんて思ってた。

だけど、物語は大統領就任初日から1、2年しか描かれてなくて、全然伝記映画じゃなかった。
これはマンデラ映画ではなく、ラグビー映画でもなく、
南アフリカの白人と黒人が初めて手を取り合って喜びあった日までの軌跡を描いた映画だ。

でも、マンデラがどういった人物だったかというのはきちんと描かれている。
もの凄く真っ直ぐな人だと思うのと同時に、頭のキレる人物だったのが分かる。

スプリングボクスのチームカラーを変えずに、黒人が作った国家を歌わせ、
チームをワールドカップで優勝させることが、自国の抱える問題を解決するのに一番効果的だと考える発想が凄いし、
それを実現させる為の過程も見事。

映画はもちろん良い出来なのだけど、それ以上にこれが現実に起った出来事だということに感動する。

実際、この出来事の後、南アフリカの人種間の争いがどこまで改善されたのかは分からないけど、
間違いなく、この日、黒人と白人が手を取り合ったのは事実。
ラストの黒人達がラグビーの練習をしている姿は、得も言われぬ感動がある。


自宅に帰ってから宇多丸師匠のシネマハスラーを聞いた。
彼曰く、この映画の一貫したテーマは、
「詩や唄やダンスといった表現は、個人の持っている能力以上のものを開花させ、奇跡を起こす」
ということだと言う。

なるほど、的を得た映画評だ。
思い返すと、確かにそれが軸になっている。

史実が素晴らしすぎるゆえに、映画としてのテーマをどこに設定するかが難しいところだけど、
イーストウッドは素晴らしい史実を伝えるだけでなく、素晴らしい映画としての表現もきちんと行っていた。

テーマ : 2010年映画感想
ジャンル : 映画

コメント受付中

非公開コメント

最新記事

全タイトルを表示

2010映画私的ランキング
(随時更新中)


映画館割引まとめ
↓書いてあること
月別アーカイブ

最新コメント
よそ様の新着記事
お勉強スペース
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる