スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


損得問題

tumblr.をめくっていたら、とあるブログの記事に辿り着いた。

こちらです。
本当はわかっているくせに - 背後からハミング



僕は6・7年ほど前から、「食わず嫌いはやめよう運動」を実施中だ。
単純に損をしてると感じたから。

大勢の人が良しとしてるものは、抵抗があっても一度は体験してみようと努力している。
だって、みんなが楽しんでいるモノを楽しめないなんて悔しいじゃない。
多くのモノを楽しめた方がお得だもの。

でも手を出した結果、「ああ、やっぱりコレはわからんわ」って感じることも多くて、
悔しいなあ。と思う。
映画館で周りがみんな鼻をすすっているのに、自分の涙腺がピクリとも反応しなかったりすると、
「もっと来いよ!俺の感受性!」と行き場のない怒りが湧き出てくるのです。

だから、わからんものはわからんのかなあ。と思っていたんだけど、
先の記事を読んで、はたと思った。

結局、僕もどこかで「わかりたくもない」と思っているんじゃ…?

実際は、くだらない映画で涙している人たちを、
「へっ、こんな映画で泣いてやんの。ばっかでー」と、
どこか見下してしまっているのでは…?
と感じてしまった。

結局僕は、自分のセンスを、自分の理想とするセンスに誘導しようとしているのかもしれない。
「コレを好きな俺はカッコいいぞ」
「コレが好きなんてカッコわるい」とか言って。

カッコいい・カッコわるいを気にすることによって、僕は損をしてるんじゃないか?
やだなあ。もっとなんでも楽しみたいのに。

そう考えると、アニメオタクとかアイドルオタクの人たちとか凄いなあ。
周りからどう思われるかなんて気にせずに、
自分が良いと思えるモノを声高らかに「好きだ!」と叫べるなんて羨ましい。

とは思うけど、やっぱりちょっと、そういう人たちってカッコよくはないよなあ。と思う自分もいる。
どうすればいいんだ!



そこでふと思ったのは、周りにカッコわるいと思われるってことも、
良い印象を与えないわけだから、損をしているんだよなあ。

きっと無意識の内に損得勘定を働かせて、
「このセンスなら認めてもOK。カッコわるくはないぞ」とか思ってるのかもしれない。
なんだか、自分が卑しい人間に思えてきた。
その考え方自体がカッコわるいんではないか?

なんだかよくわからなくなってきたぞ。

確かなのは、「損をしたくない」「得したい」って感情が根底にあるってこと。
でもそれって、やっぱカッコわるいな。
「損得なんてカンケーねえんだよ!」っていう人の方がカッコいいイメージがある。
だったら、いちいち損得を考えることをやめようか?
でもそれは、カッコよく見られたいからやめるわけだから、結局は損得を考えてるってことで…


なんだか堂々巡りで答えが出ません。
ちょっとこれ課題にしよう。
「損得問題」


テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

コメント受付中

ゴンイーさんからのコメント

食わず嫌いはもったいないけど、
何でもかんでも堂々と喰えば良いってもんじゃないかもね。
コソコソ喰う愉しみも、あって良いと思う。

ハラダさんからのコメント

それも分かります。
ですが、やっぱり僕もゴンイーさんと同じでチヤホヤされたいんですよ。
「あいつは良いアンテナ持ってんな」と思われたい。
認められたいんですよ。誰かに。
その為にはやっぱり、外に発していかなきゃだし。
もちろんそれは「なんだコイツだせえな」って思われる可能性はあるわけですけど…。
一体、どっちがお得なのか…。
非公開コメント

最新記事

全タイトルを表示

2010映画私的ランキング
(随時更新中)


映画館割引まとめ
↓書いてあること
月別アーカイブ

最新コメント
よそ様の新着記事
お勉強スペース
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる