スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【wiki勉】ブラジャーについて

category-2.jpg

少し前に男性用ブラジャーというものが流行りましたが、
僕は着用したことないです。

女性用のなら、一度頭にかぶってみた経験はあるけど、
本来の用途での着用は未経験です。
そもそも僕にはおっぱいが無いので必要ない。

でも女性の方々にはかなり重要なアイテムであることは間違いない。
なんたって、
「初めてブラジャーを付ける」=「大人の階段を登る」
ってことですからね。
世の女子たちは皆「ねえ、お母さん、あたしもそろそろブラジャーを…」という経験をしているわけです。

男にとっての整髪料のような…、いや、ブリーフからトランクスに…いや、、、、

まあ、いい喩えは思いつきませんが、重要であることに間違いはないです。

毎度のようにwikipediaで調べてみましたが、
男にとっては新鮮な内容でした。

まず、ホックの数。

A~Bカップだとホックが1個であることが多い。
C~Dカップだとホックが2個であることが多い。
Eカップ以上のサイズになるとホックが3個あることが多い。

僕はまだホックが3個あるブラジャーにお目にかかったことがありません。
もっと精進しなければいけませんね。

また、着用している人にしか分からないトラブルとして、

ストラップがずれる
ワイヤーが当たって痛い
市販のブラが合わない
自分に合うサイズが分からない

といったことがあるそうです。
ストラップがずれている方はよく目にしますね。
知り合いのブラ紐がずれている時、
「ずれてるよ」と言っていいのか悪いのか、対処に困ります。
結果、大体いつも言わないのですが、
それは決して、ポロリを期待して言わないわけではないです。

新たな言葉も覚えました。
体を曲げる時に、ブラジャーのベルトによって感じる窮屈感を「アンダー圧」というそうです。
これからは、窮屈そうに体を曲げている女性を見たら、
得意げに「君、アンダー圧緩めた方がいいんじゃない?」と言うことにします。
きっと、「まあ!この人、そんな細かい気遣いができるなんて!」と感動されること間違いなしです。


なんでブラジャーなんかについて調べたのかと言いますと、
あるサイトで、
「ブラジャーの特許を買ったのはワーナー・ブラザーズ社」
という記述を見つけて、
なんだってえ!?となったのがきっかけです。
調べた結果、それは「Warner Brothers Corset Company」という、映画とは全く関係のない会社でした。(現Warnaco Group Incです。)


参考サイト:
ブラジャー - wikipedia
The History of the Brassiere - Mary Phelps Jacob

テーマ : セクシーランジェリー
ジャンル : ファッション・ブランド

コメント受付中

非公開コメント

最新記事

全タイトルを表示

2010映画私的ランキング
(随時更新中)


映画館割引まとめ
↓書いてあること
月別アーカイブ

最新コメント
よそ様の新着記事
お勉強スペース
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる