スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祖父と掛け軸

この土日は用があって実家に帰っていた。

実家にいる時、僕には役割がある。
大きく3つ。


ひとつめは「食べる」

現在、実家に住んでいるのは、両親と父方の祖父母の4人。
しかも、父と祖父は健康管理上、食事が制限されている。
日々の食卓はとても質素なものらしい。
しかし、僕や兄弟が実家に帰ると、途端におかずが豪華になる。
この為、祖父は「もっと頻繁に帰って来てくれ。飯が豪華になるから」と毎回言う。

しかし、僕はもともと食が細く、一日一食でも全然平気な人間だ。
それが実家では一日三食。
さらに毎食、メイン級のおかず(わーい!今日の晩ごはんは○○だ!の○○に該当するもの)が2つ3つと眼前に並ぶ。
追い討ちをかけるように、祖母からの「これも食え攻撃」が連発され、
僕の胃袋はすぐにキャパをオーバーしてしまうのだ。
なら食うなよ。という話だが、食うだけで喜ばれるなら、僕は食う。
それが僕の役割だ。


ふたつめは「食事の後片付け時の話題提供」

あくまでも食事の「後片付け時」だ。
なぜなら、食事の際のメインMCは決まって祖母が務めることになっている。
主なトークテーマは「今日○○さんと話したこと」や「今日テレビで見たこと」など。
もし、祖母がラジオパーソナリティーなら、リスナーからのメールは一通も来ないだろうし、
朝ズバの司会者だったら、全然ズバってないとクレームの嵐だろう。
だが、実家の食卓では誰もクレームを言わない。
「面白くない」と言って、祖母を傷つけたくないのだ。
ゆえに、食卓は彼女の独壇場だ。
食卓のメインMCは祖母。
これは揺るぎないのである。

食事後、祖父母が自室に戻った途端、その場にいる人達の頭には同じことが浮かぶ。

何か、別の話を。

その際の話題提供。これは実家での大事な役割だ。


みっつめは「掛け軸選び」

祖父が盆栽という趣味を見つけるまでは、掛け軸集めが彼の趣味だったらしい。
今でも客間には必ず掛け軸が掛けてある。
それを季節ごとに、その季節に一番合う掛け軸を選ぶのが僕の役割だ。
実家に帰ると、必ずこれを頼まれる。

とは言っても、多分高価なものだろうから、そんなに量がある訳ではない。
だから僕の中では、正月はコレ。春はコレ。と、ルーティーンが出来上がっている。
しかし、悩むのは夏だ。
祖父のコレクションの中には、夏らしい掛け軸が無い。
だから、毎回悩みながらも、結局「言葉モノ」に逃げることになるのだ。
現代人には読解不可能な崩した字で、何か偉い人が言ったであろう言葉が書かれているやつだ。

今日も祖父から掛け軸選びの命を受け、掛け軸がしまってある押し入れの扉を開けた。
すると、掛け軸の数が増えているではないか!
これは、新しく購入したものではなく、家の改築に伴い、別のところにしまっておいたモノを移動したのだそうだ。
片っ端から未見の掛け軸を箱から出し、広げてみる。
その中に、緑が茂る山に流れる川を、渡し船が一艘浮かんでいる絵が描かれている、非常に夏らしい掛け軸があった。
それを壁に掛け、曲がってないかを離れてチェックしていると、居間から祖父がやって来た。
祖父は掛け軸をじっと眺め、
「これを選べるようになったら、お前も一人前だ」と言った。
いや、この掛け軸の所在を教えてくれていたら、僕はもっと早くに一人前になっていたと思うが…。
しかし、
自分が死んだら、掛け軸を父ではなく僕に全部くれる。
とまで言っている祖父に対して、思っていることを口に出すことは出来なかった。


テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメント受付中

かやヌましんヌいちろうさんからのコメント

先日は三国志TVおつかれさまでした。
twitterからこちらへこんにちわ。

帰省の雰囲気わかります。
自分の場合、無職期間がながく今は気まずいですが。。。

またウムバーにて!

このblogのフレーム使いやすそう!
特に私的スピードダイヤルのところ。
自作?

ハラダさんからのコメント

おお!萱沼さん。
実家で気まずいのは僕も同じです。
ブログデザインは自作です。
twitterフォローさせてもらいましたよ。

かやヌましんヌいちろうさんからのコメント

あ、俺フォローしてなかったです。
リフォローしました。

下の写真集もいい感じです。
非公開コメント

最新記事

全タイトルを表示

2010映画私的ランキング
(随時更新中)


映画館割引まとめ
↓書いてあること
月別アーカイブ

最新コメント
よそ様の新着記事
お勉強スペース
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる