スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【映画】ヘヴンズ ストーリー

ヘヴンズ ストーリー
解説CINEMA TOPICS ONLINEから引用)

不条理な殺人と憎しみの時代に??再生とは何なのか。
鬼才・瀬々敬久監督が人類永遠の命題に挑む、2010 年の「罪と罰」!

本作は、これまでも現実の事件にインスパイアされてきた瀬々敬久監督が、2000-2010 年を総括するかのような驚異的な長尺で放つ、常識破りの一大野心作。家族を殺された幼い娘、妻子を殺された若い夫、一人息子を育てながら復讐代行を行う警官、理由なき殺人を犯した青年、そして、その青年と家族になろうとする女性を中心に、20 名以上の人間たちが、つながり合う、全9 章の物語です。
出演は、寉岡萌希、長谷川朝晴、忍成修吾、村上淳、そして初の本格的な映画出演となる伝説的シンガーの山崎ハコ。その他、現在の日本映画界を担う錚々たるキャストが出演。
休憩をはさむと約5 時間の上映時間となりますが、20 名以上の登場人物と9 章が絡まりあうその構成の妙、隅々まで見逃せない豪華な配役、1 年に及び四季を映した映像など、スクリーンでこそ楽しみたい、密度の濃い映画館体験を約束する画期的な作品です。



第32回ぴあフィルムフェスティバル、プレミアム上映での観賞。
4時間38分という脅威の長尺。でも体感時間はそれほどでもなかった。

正直、映画自体が面白かったかと言われると、なんとも答えがたい。
監督の舞台挨拶込みなら、費やした時間分の価値は十分あったと思えるが、
映画本編のみの観賞だったら、「時間かえせー」と言いたくなるかもしれない。

上の解説では「2010年の『罪と罰』」なんて書いてあるが、
僕が感じたのは、「時間はすげー強い力を持っている」ってことだった。
主人公たちの、大きく人生観を変えるような重大な決意も、時が経つに従って、薄れ、ブレていく。
それが消えて忘れてしまわないように、もがき、苦しみながら生きる。
過去から逃げるな!目を逸らすな!って。
それを4時間見せた上でのあのラストは、正直納得が行かない。


一般的に、過去に捕われることは悪いことだという風潮がある。
未来を向いて歩けと。
でもそれって、
「俺も昔は失敗してウジウジ悩んでることもあったけどさあ、
今考えると、どうでもいいことだったなあって思うよ」
とか言ってるオッサン達が、
過去の決意・決心を忘れてしまったことに対する言い訳として生まれた概念だと思う。

もちろん、忘れたい思い出は忘れてしまった方が楽だ。
僕だって、付き合っていた女の子に浮気されて、
「もう人を信じるのはやめよう」なんて、
今考えると馬鹿みたいに恥ずかしいことを思った時期もある。
でも、当時の僕にとっては、それはそれは深刻な問題であったことに間違いは無い。
生き方を変えてやろう。なんて本気で思ってた。
そんな決意も、時間が経って新たに熱中するモノが見つかれば、薄れて消えていく。
「ああ、俺間違ってたわ」とか「もう納得できて解決したから」とか言って。


劇中では、女にフラれたなんて軽いもんじゃなくて、家族を殺されたりしてる。
そりゃあもう「うおお、絶対復讐してやっかんな!」と強く決意するのは当然のことだ。
そんな強い想いでさえ、油断してると風化してしまうことの恐さ。
「時間」の持つ強さ。
決意を保つのがどれだけ難しいことか。

そんなことを感じて途中まで観てたので、ラストはするっと逃げられたような気がして、
「結局、何がいいたいんじゃー!」とつっこみたくなった。


と、映画の感想としてはこんな感じだが、
上映後の舞台挨拶で監督のこの映画に対する熱い想いを聞けたのは良かった。
資金のほとんどを監督自身が出資していて、ほぼ自主制作の様な形体らしい。
途中、監督が感極まって言葉に詰まる場面もあった。
商業映画も撮っている監督が、本当に撮りたいもの撮るために出資するなんて、
なんて素晴らしいことだろう。
こういう人の存在が、日本映画を支えていくのだろうと思う。
嬉しい限りだ。
スポンサーサイト


テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

【映画】映画館割引まとめ

都内で映画を安く観るためのメモ。

月末になったら1日を意識する。これ絶対。

15日1000円
シネ・リーブル池袋

月曜日1000円
シネマート新宿
シネマート六本木
初回のみ渋谷UPLINK X

火曜日1000円
渋谷シネマライズ
渋谷ル・シネマ

水曜日1000円
恵比寿ガーデンシネマ
渋谷UPLINK X
ヒューマントラストシネマ渋谷
シネセゾン渋谷
渋谷シネマ・アンジェリカ
シアターN渋谷
角川シネマ新宿
テアトル新宿
池袋テアトルダイヤ
銀座テアトルシネマ
ヒューマントラストシネマ有楽町

木曜日1000円
渋谷シネパレス

金曜日初回1300円
渋東シネタワー
TOHOシネマズ 日劇・有楽座・シャンテ・スカラ座・みゆき座


日曜日最終回1000円
渋谷シネマライズ
渋谷UPLINK X
渋谷ル・シネマ

レイトショー1200円
渋東シネタワー
品川プリンスシネマ
シネマサンシャイン池袋
池袋HUMAXシネマズ
シネ・リーブル池袋
TOHOシネマズ シャンテ・スカラ座・みゆき座

レイトショー1300円
渋谷シネパレス
渋谷HUMAXシネマ
新宿武蔵野館
池袋シネマ・ロサ
銀座シネパトス

レイトショー1500円
TOHOシネマズ 日劇・有楽座

名画座
目黒シネマ
池袋新文芸坐
高田馬場早稲田松竹
飯田橋ギンレイホール
新橋文化

他にも情報あったらください。

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

【映画】告白

公式サイト

あらすじシネマトゥデイより引用)

とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。



池袋テアトルダイヤで観賞。
水曜ということもあり、満席。観賞した前後の回も満席。

前評判通りとても素晴らしかった。
松たか子も木村佳乃もあまり好きな女優では無いが、
文句の無い素晴らしい演技だった。
全てのカットが、演出・映像効果・音楽等、全ての要素で計算され尽くしている。
全てのカットが美しい。
中島哲也らしい演出。


が、美しすぎる。

例えば、劇中、何人かの人が死ぬシーンがある訳だが、
飛び散る血しぶきや死体等がもの凄く美しい。
そこに映る死体からは、「計算され、作られたモノである」という印象しか受けない。
「命とは」と劇中で語りながら、その命の生々しさが感じられないのである。

スローモーションにも同じことが言える。
確かにドラマチックには見える。印象にも残る。
でも、それはアクセントとして用られるべきものであって、
全編を通して多用されると起伏が生まれない。
(途中のコメディ調の演出も、明らかに浮いてしまっている)
ピークを継続させることによって緊張感を生み出しているとも言えるが、
結果、クライマックスは更なる盛り上がりを作る為に
「もうこれ異次元の話じゃねえか」
と思われても仕方ないようなぶっ飛んだ映像になっている。

つまりこの映画は、全てを計算し尽くした画作りをすることによって、
「生々しさ・リアルさ」を失ってしまったような気がする。
「息も出来ない」「母なる証明」のようなガツーンとくる生々しさが感じられない。
(というか最近の韓国映画の生々しい表現はすげえ)

そもそも、「復讐」がモチーフなんだから、もっと生々しくてドロドロした演出の方が、
原作には合っていたのでは?と感じてしまう。
ぜひ、他の監督のリメイクも観てみたい。


とまあ、否定的な文章ばかり書いてしまったが、
冒頭に書いた通り、素晴らしい映画だったということに変わりはない。(マジで)
恐ろしくクオリティの高い映画だと思う。
というか、中島哲也監督は毎回クオリティがすげえ。
でもやはりファンタジー向きの人だとは思うので、
パコみたいなのを撮っていった方が良いのでは?とは思う。

テーマ : 『告白』
ジャンル : 映画

【映画】THE WAVE ウェイヴ



あらすじ:高校教師のベンガーは特別授業週間で独裁制について学ぶクラスを受け持つことに。若くて生徒からの人気もあるベンガーは授業の一環として、生徒に独裁制を体験させようとある提案をした。それは授業中に自分を指導者とした独裁制を行うというもの。最初は嫌悪感を示す生徒たちだったが、やがてこれまでに味わったことのない一体感に興奮していく。そして生徒たちは自らを「ウェイヴ」と名乗って異物の排除を行うようになり…。goo映画より引用

新橋文化劇場にて「イングロリアス・バスターズ」と同時上映してたのを観賞。
去年公開だったんだけど、都内では新宿で1館上映してただけで、全くのノーマークだった。
でも、結構面白かったよ。これ。

要は、「es」みたいなやつ。
「独裁」ができるまでのミルグラム実験のようなもので、
アメリカで実際に起こった事件を元にしている。

そして製作がなんとドイツ。本国でも大ヒットだったらしい。
ナチスを生んだドイツが、この映画を作るってすげえな。とも思ったけど、
彼らにはこの映画をつくる理由があったんだろうな。

この映画では、「独裁制」というものは、
自分たちが意図した以上に、強く大きく広がっていってしまい、
徐々に集団は暴走していってしまう。という怖さが描かれている。

最初は、「現代社会で、独裁が生まれるわけない」と言っていた生徒達が、
自然とその中に組み込まれていってしまう。
彼らに悪意があったわけでも、精神的に弱かったわけでもない。
当然の「人間性」を持った、ただの子供たちだったわけだ。


ナチスが出てくる映画っていっぱいあるけど、どの映画でも絶対悪として描かれている。
多くのドイツ人がこれを目にする。
そのたびに彼らは、「自分たちが悪いわけではない」とは思いつつも、
無意識下で小さなストレスを感じていたのかもしれない。

だとすれば、この映画は、
ナチスを生んでしまったことに対して
「自分たちが悪いわけではない。どうしようもなかった。」
とする証明になるわけだ。
そう考えれば、ドイツ人がこの映画を作ろうと考えるのにも納得だし、
無意識下で溜まっていった罪悪感を打ち消してくれるこの映画に、
多くのドイツ人が足を運ぶのも至極当然のことだ。

この映画がドイツでヒットしたということまで含めて面白い。


日本にも朝鮮人を虐殺した過去があるけど、
日本人が絶対悪として描かれる映画なんて、まず公開されないよなあ。
されたとしても、まずメディアはそこに触れないし。
それが良いのか悪いのかは分からんが…。


とにかく、面白かった。
DVD出てます。


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

【映画】母なる証明



あらすじ:早くに夫を亡くして以来、一人息子のトジュン(ウォンビン)と静かに暮らすヘジャ(キム・ヘジャ)。そんなある日、街で殺人事件が起こり、もの静かなトジュンが第一容疑者に。事件の解決を急ぐ警察がトジュンを犯人と決めつけ、無能な弁護人も頼りにならない中、ヘジャは真犯人を捜し出し、息子の無実を証明しようとする。シネマトゥデイより引用。

5/10に池袋新文芸坐にて、「カティンの森」と同時上映してたのを観賞。

なんとも形容しがたい映画で、観てからだいぶ時間が空いてしまった。

ポン・ジュノ作品は観た事なかったけど、友達や宇多丸師匠も「やばい!やばい!」と言ってたので、
期待値はかなり高まってた。

で、確かに凄く質の高い良い映画だったことは間違いないんだけど、
なんだろう。この感覚。
両手離しに「面白かった!」と言えない感じ。

ウォンビンもキム・ヘジャも、と言うか、脇役含め出演者全員がとても良い役者だったし、
映像表現としても素晴らしいカットもたくさんあった。

観る前に、勝手に母子モノの感動ヒューマンドラマだろうと思ってたんだけど、
そんな言葉で片付けられるレベルのモノじゃなくて、
もっと複雑で黒くてぐちゃぐちゃしてた。

もちろん「母の息子への愛」という大きな軸はあるんだけど、
その母親も含め、全ての人がエゴの塊。

なんかね、登場人物に誰一人感情移入できない。
僕なんかに入る余地は無い、と言うか。

みんな凄く人間的なのに、彼らの行動が理解できない。

そう考えると、自分は人間的ではないのでは?
などと答えの出ないラビリンスへ突入ですよ。

だからね、もう、この映画について考えるのはやめる。
そんで、もう踊る。
で、2、3年後に、また観てみようと思う。


テーマ : 2010年映画感想
ジャンル : 映画

最新記事

全タイトルを表示

2010映画私的ランキング
(随時更新中)


映画館割引まとめ
↓書いてあること
月別アーカイブ

最新コメント
よそ様の新着記事
お勉強スペース
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる